アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは21~23日、日光霧降アイスアリーナに昨季王者のサハリン(ロシア)を迎え、ホーム開幕3連戦を戦う。

 アリペッカ・シッキネン監督が指揮して3季目となるバックスは、昨季までの主力の多くが退団し、FW鈴木雄大(すずきゆうた)が3季ぶりに復帰するなどメンバーの顔触れが大きく変わった。ひがし北海道との開幕3連戦は2勝1敗で勝ち越した。

 サハリンはハイワン(韓国)から昨季の得点王に輝いたFWスタルトセフ・キリルを獲得するなど攻撃力がアップ。60分間徹底した守備を貫き、今後へ弾みを付ける白星を手にしたい。