豚コレラの感染が埼玉県まで拡大したことを受け、福田富一(ふくだとみかず)知事は20日の県議会代表質問で、本県への侵入阻止などの対策費として、開会中の県議会9月通常会議に補正予算を追加提案する考えを明らかにした。ウイルス媒介の原因などとされる野生イノシシの侵入を防ぐ防護柵の設置を含め、近く具体策を決める。

 相馬憲一(そうまけんいち)氏(とちぎ自民党議員会)の質問に答えた。群馬県や茨城県は既に、養豚農家が防止柵を設置する際の補助費などを2019年度補正予算に計上している。