子育て支援住宅「エミナール那珂川」の建設現場

 【那珂川】町は20日、旧小川庁舎跡地などに建設中の子育て支援住宅の名称を「エミナール那珂川」に決定したと発表した。11月初旬から入居者を募集する。

 子育て支援住宅は町が土地を積水ハウスグループに30年間無償で貸し付け、同グループが20戸の住宅を建設するほか、保育士が常駐し遊戯室などを備える子育て支援施設も併設する。入居開始は来年3月の予定で、小学生以下の子どもがいる世帯が入居できる。

 町建設課によると、名称には「笑みになる」「いつも笑顔があふれる家庭であってほしい」との願いが込められているという。賃料は2LDKが4万6千円~、3LDKは5万6千円~となっている。