戦没者遺骨収集事業を巡り、厚生労働省は19日、ロシア国内の9カ所で収集した遺骨597人分が日本人のものではない可能性があると発表した。専門家が14年前から指摘していたが、同省は公表していなかった。