初のフェスに向け意欲を燃やす芹江さん(中央)とジム生たち

 【大田原】プロボクシング第35代日本スーパーバンタム級王者で市地域おこし協力隊員の芹江匡晋(せりえまさあき)さん(36)は29日、隊員となって初の大規模イベント「リング・イン・フェス」を旧佐久山中で開く。体育館にリングを特設し、ボクシング体験やエクササイズを楽しんでもらうほか、自身も昨年7月の引退試合以来となるリングに上がる。「地域の人たちと一緒に成功させたい」。元チャンプの大田原での挑戦は「第2ラウンド」を迎える。

 東京都出身の芹江さんは、2018年度から協力隊員を務める。同年6月、山の手1丁目にフィットネスジム「HoneyLaRva(ハニーラルヴァ)」を開設。園児から70代まで約100人の会員の健康づくりをサポートしている。