MoutaiとAIESECがYouth Speak Forumを共催、クロスオーバー協力が国際的公共福祉を促進

AsiaNet 80577 (1755)


【コロンボ(スリランカ)2019年9月17日PR Newswire=共同通信JBN】Kweichow Moutai Group(貴州茅台酒グループ)と若者が運営する国際的ボランティア組織AIESEC Sri Lankaが共催するYouthSpeak Forumが9月11日、スリランカのコロンボにあるLighthouse Auditoriumで開催された。Moutaiがイベントを共催したのは、「Large Enterprises Having Great Responsibilities(大きな責任を持つ大企業)」という自社の社会的責任の考えを実装し、国際的公共福祉に積極的に専念し、中国ナショナルブランドの国際的なイメージをアップグレードする新たな旅を開始しているからである。

午前中、MoutaiとAIESEC Sri Lankaは共同で、コロンボのアティディヤ野鳥保護区で植林活動を実施し、ラクシュマンカディルガマル研究所でYouthSpeak Forumの記者会見を行い、スリランカの人々と有名な地元メディアから注目を集めた。

午後に開かれたYouthSpeak Forumではスリランカ駐在国連代表と地元の若者代表が基調講演を行った。その後、若者の参加者は、スリランカの環境を改善するための計画を提案した。彼らは、Moutaiの企業責任と持続可能な開発への献身が地元の若者を非常に啓発したと述べた。

Kweichow Moutai Groupは、地元の若者と接触、交流することにより、このフォーラムを開催し、あらゆる分野の人々に持続可能な開発目標の実現に向け前進するよう呼び掛けた。一方、Moutaiは、中国ナショナルブランドの社会的責任を果たす国際的なイメージを構築する古典的な例も提示した。

ソース:Moutai Group