来年2月に撤退するカルソニックカンセイ栃木の栃木工場=17日午前、下野市下古山

カルソニックカンセイ宇都宮=17日午後、宇都宮市清原工業団地

来年2月に撤退するカルソニックカンセイ栃木の栃木工場=17日午前、下野市下古山 カルソニックカンセイ宇都宮=17日午後、宇都宮市清原工業団地

 自動車部品大手のカルソニックカンセイ(さいたま市)が先週、県内3拠点を含む国内4工場を2020年中に閉鎖すると発表。3連休明けの17日、閉鎖対象となった栃木工場(下野市下古山)の従業員は「非常に残念」と動揺する一方、国内での自動車生産の伸び悩みを踏まえ「(生産拠点の再編は)仕方ない」と諦めの表情も見せた。

 同社内は事前に閉鎖の方針が伝えられていたというが、出勤してきた従業員らは「詳しいことは聞いていない」「ショックは皆あると思う」などと、言葉少なに道を急いだ。

 100年に一度といわれるほど激変する自動車業界。グローバルレベルの競争も激しさを増す。中堅の男性は「生き残っていくには仕方ない。競争があり、新たなことに挑戦していかないと取り残されてしまう」と前向きに受け止めた。