書を披露する生徒ら

 【日光】鬼怒川温泉大原のテーマパーク「東武ワールドスクウェア」で16日、県内の中高生による書道パフォーマンスが行われ、来園者らは生徒の思いが込もった表現に見入っていた。

 パフォーマンスを披露したのは石橋高、矢板東高の書道部と、矢板東高付属中の伝統文化部書道コースの部員ら。世界22カ国の建造物のミニチュアを展示する同園でパフォーマンスすることで、日本文化とのコラボレーションを狙った。

 この日は各校2枚ずつ、理想の未来や願いなどをテーマにした書を順番に書き上げた。東京スカイツリーと東武鬼怒川線のSL「大樹(たいじゅ)」を組み合わせた作品などもあり、来園者らは記念撮影などをして楽しんでいた。