大勢の中学生や保護者が訪れた県高校進学フェア=16日午前、宇都宮市元今泉6丁目

 県内の高校が進路相談に応じる「県高校進学フェア2019」(下野新聞社主催)が16日、宇都宮市元今泉6丁目のマロニエプラザで開かれ、進学を目指す中学生や保護者ら約5千人が来場した。

 公立、私立高計42校がブースを設置し、各校の教員が質問に答えたり、学校の特色を説明したりした。「多言語による高校進学ガイダンス」として8カ国語に対応し、外国人家庭に入試の仕組みなどを説明した。