大勢の見物客が見守った流鏑馬

 【大田原】弓の名手、那須与一(なすのよいち)にゆかりがある南金丸の那須神社で16日、秋の例大祭が行われ、与一にちなんだ流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。

 同神社は仁徳天皇時代の創建とされ、本殿や楼門は国指定重要文化財。与一が必勝を祈願し、源平屋島の戦いで扇の的を射る際に必中を念じたと伝わる。