6回、栃木GBの内山(8)が先制の左越え本塁打を放ち、ナインに迎えられる=14日午後、前橋市民球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの東地区王者を決める地区チャンピオンシップ(CS)が14日に前橋市民球場で開幕、後期優勝の栃木ゴールデンブレーブス(GB)が4-2で前期王者の群馬を下し、初の地区優勝に王手をかけた。

 栃木GBは投手陣が奮闘した。先発の斎藤誠哉(さいとうせいや)が6回を被安打3の無失点と好投を披露。七回以降は橋詰循(はしづめじゅん)、金本享祐(かねもときょうすけ)、ジョンの小刻みな継投で2失点に抑えた。

 打線は3本塁打の一発攻勢で4得点。五回までは2安打と振るわなかったが、六回に内山翔太(うちやましょうた)のソロ本塁打とルーカスの2点本塁打で一挙3点を先制。九回には野崎新矢(のざきしんや)が右越えにソロ本塁打を放って突き放した。

 地区CSは2戦先勝方式。第2戦は15日午後1時から小山運動公園野球場で行われ、栃木GBが勝てば東地区優勝が決まる。1勝1敗で並んだ場合は16日に第3戦を行う。