真剣な表情で稽古を重ねる「劇団なすの」。左端は演出の印南さん

 「このままではお客さんを喜ばせることができない。自信がない人は(出演を)パスしなさい」 演出の印南貞人(いんなみさだと)さん(70)の厳しい声が稽古場に響いた。「那須野の大地」公演が迫る追い込みの段階。せりふや動きを確認する「劇団なすの」のメンバーたちの表情は、ベテランも小学生も真剣そのものだ