力を合わせて弁当を作る中学生(提供写真)

最優秀賞に輝いた「まご娘。」の弁当(提供写真)

力を合わせて弁当を作る中学生(提供写真) 最優秀賞に輝いた「まご娘。」の弁当(提供写真)

 【宇都宮】中学生が食べる相手の健康や好きな食べ物を考えて弁当を作る「あなたのためのお弁当コンクール」実技審査が8日、市保健センターで行われ、最優秀賞に「じぃじに贈る栃木の恵みと思い出再現弁当」を作った若松原中のチーム「まご娘。」に輝いた。

 コンクールには10校31組の応募があり、実技審査では1次審査を突破した5組が真心を込めた弁当を披露した。

 「まご娘。」は、2年高木楓伽(たかぎふうか)さん(13)、森春菜(もりはるな)さん(13)ペアのチーム。旅行先の日光の四季を四つの味で表現した「イワシの4色蒸し」や県産の食材をふんだんに使った「ふるさとの山の幸の煮物」など7品を詰めた。審査員は「彩りと栄養バランスが良い」と講評した。

 出場した5組は10月6日の「うつのみや食育フェア」で主菜の魚料理を実演する。