ヘルシーな減塩メニューの献立や調理を競った「子どもの料理コンクール」

最優秀賞に輝いた鈴木さん・柴崎さんの「野菜たっぷりわくわくディナー」

ヘルシーな減塩メニューの献立や調理を競った「子どもの料理コンクール」 最優秀賞に輝いた鈴木さん・柴崎さんの「野菜たっぷりわくわくディナー」

 【宇都宮】県と県食生活改善推進員協議会は7日、宇都宮短期大付属高の調理実習室で、本年度「子どもの料理コンクール」の2次審査会を開催した。1次審査を通過した10組が調理の手順や技術、献立の栄養バランスなどを競い、最優秀賞には足利市葉鹿小5年の鈴木心菜(すずきここな)さんと柴崎瑚々(しばさきここ)さんのペアが輝いた。

 15回目の開催。今回のテーマは「家族で楽しむヘルシー夕ごはん~野菜たっぷり減塩メニュー」で、1次審査には374作品(429人)の応募があった。

 この日、児童たちは審査員の前で調理を披露し、手際良く料理を完成させた。上三川町坂上小の5年上野陽輝(うえのはるき)君と1年上野快晴(うえのかいせい)君のペアは、特産品のかんぴょうで巻いた生春巻きや野菜たっぷりのハンバーグを作り、「減塩の勉強になった」などと話していた。