9回1死一、二塁、栃木GBの橋本が右中間に適時打を放つ=悠久山野球場(新潟日報提供)

4回に7失点を喫した栃木GB2番手の前田(右)=悠久山野球場(新潟日報提供)

9回1死一、二塁、栃木GBの橋本が右中間に適時打を放つ=悠久山野球場(新潟日報提供) 4回に7失点を喫した栃木GB2番手の前田(右)=悠久山野球場(新潟日報提供)

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグで東地区の後期優勝を決めた栃木ゴールデンブレーブス(GB)は7日、新潟県長岡市の悠久山野球場で新潟と対戦、1-11で大敗した。後期通算成績は21勝5分け9敗。

 栃木GBは三回から2番手で登板した前田大佳が誤算。四回に味方の失策などが絡んで無死満塁のピンチを迎えると、続く打者の内野ゴロ併殺の間に先制点を献上。さらにそこから6連打を浴びて6点を奪われた。打線は九回1死一、二塁から橋本隆の適時打で1点を返したが、反撃もそこまでだった。

 後期最終戦となる次戦は8日正午から、小山運動公園野球場で武蔵と対戦する。