全日本ブライダル協会賞を受賞した「マチナカウエディング」の様子(ホテルニューイタヤ提供)

 【宇都宮】地域の魅力を生かした挙式を表彰する第8回ふるさとウエディングコンクール(全日本ブライダル協会、ブライダル産業新聞社主催)で、JR宇都宮駅を会場に挙式を企画・運営したホテルニューイタヤが全国で3位に当たる全日本ブライダル協会賞を受賞した。

 全日本ブライダル協会では、ブライダル業界、地域活性化を目的に地域資源を活用した「ふるさとウエディング」を推進している。本県では2017年にライトアップされた日光二荒山神社を舞台にした「ナイトウエディング」が、観光庁長官賞を受賞した。

 今年のコンクールには、全国各地から特色ある結婚式33件の応募があった。同ホテルが手掛けた結婚式は、17年10月にJR宇都宮駅西口のペデスストリアンデッキで行われた「マチナカウエディング」。