優勝したHOKUTO.SBC

HOKUTO.SBC-共英SBC 4回、HOKUTOの増渕がセンター前へ2点タイムリーを放つ=那須塩原市にしなすの運動公園

優勝したHOKUTO.SBC HOKUTO.SBC-共英SBC 4回、HOKUTOの増渕がセンター前へ2点タイムリーを放つ=那須塩原市にしなすの運動公園

 第47回県小学生女子ソフトボール大会(県ソフトボール協会、下野新聞社主催)最終日は31日、那須塩原市のにしなすの運動公園で行われ、決勝でHOKUTO.SBC(高根沢)が7-0で共英SBC(那須塩原)を下し初優勝。新人大会、全日本予選と合わせて県内3冠を達成した。

 決勝でHOKUTOは初回に2点を先制するとその後も着実に加点。五回、大森初希(おおもりはづき)が2点タイムリーを放ちコールド勝ちを決めた。エースの小堀愛実(こぼりあみ)も初回にフォアボールの走者を1人出しただけで、無安打無失点の好投を披露した。

 共英SBCはエース増子紗羽香(ましこさわか)を中心に食い下がったが、序盤で相手に握られた主導権を奪い返すことはできなかった。3位には川西クラブ(大田原)、東陽サンライズ(那須)が入った。