フィールドワークで唐沢山城跡を訪れた高崎経済大の学生たち

 【佐野】市はこのほど、市の若手職員と市民らが協力し市の魅力を効果的にPRする「市キャッチコピー作成プロジェクト」を立案し、メンバーの高崎経済大の学生ら25人が31日、市内各所でフィールドワークを行った。市は県外の学生による「若者」「よそ者」の視点で市の魅力を見つけてもらうことで、今後のシティープロモーションに生かす考えだ。

 プロジェクトは、市が昨年3月に策定した「第2次市シティプロモーション推進基本計画」の一環。