甲州種のブドウの出来具合を真剣な表情でチェックする日下さん

甲州種のブドウの出来具合を真剣な表情でチェックする日下さん

甲州種のブドウの出来具合を真剣な表情でチェックする日下さん 甲州種のブドウの出来具合を真剣な表情でチェックする日下さん

 【市貝】新規就農4年目の市塙(いちはな)、ブドウ農家日下篤(くさかあつし)さん(36)が、3年後のワイナリー開業へ夢を追っている。「ブドウ農家のワイン造り」はゼロからの挑戦。資金確保や醸造免許取得などハードルはいくつもあるが「一生チャレンジできる面白い仕事」と、気負わず着実に前に進んでいる。

 日下さんは北海道生まれ。中学から町に親と移住し、大学を出て種苗会社に勤務。「自分で作った作物を売れたら喜びが大きい」と、29歳で農業を志し、生食、酒類、食酢などさまざまに商品化できるブドウ栽培を選んだ。ワイン造りの本場山梨県の有力ブドウ農家で3年間修業し2016年4月帰郷。ほ場探しから始めた。

 ナシ用の棚をブドウに使える芳賀町祖母井(うばがい)の50アール、杉山の休耕地90アールを借りて苗を植え、町の支援も得て国や町の補助を受けて農機を入れ、棚やパイプハウスを設けた。