コシノジュンコ賞に輝いた大下さんの作品を着てランウェイを歩くモデル(手前)

コシノジュンコ賞に輝いた大下さんの作品を着てランウェイを歩くモデル(手前)

コシノジュンコ賞に輝いた大下さんの作品を着てランウェイを歩くモデル(手前) コシノジュンコ賞に輝いた大下さんの作品を着てランウェイを歩くモデル(手前)

 【宇都宮】世界的ファッションデザイナーのコシノジュンコさんが審査員長を務める全国の中高生対象の「第8回ファッションデザインコンテスト2019」(宇都宮アート&スポーツ専門学校主催)の最終審査会が1日、曲師町のオリオン通りイベント広場で開かれた。

 今回のテーマは、2020年東京五輪・パラリンピックをイメージした「ファッション+スポーツ」。応募数は過去最高の670作品となった。