市産のチーズや牛乳、野菜をふんだんに使ったチーズフォンデュ

多くの市民が集まった市牛乳の日イベント

多くの市民が集まった市牛乳の日イベント

多くの市民が集まった市牛乳の日イベント

多くの市民が集まった市牛乳の日イベント

市産のチーズや牛乳、野菜をふんだんに使ったチーズフォンデュ 多くの市民が集まった市牛乳の日イベント 多くの市民が集まった市牛乳の日イベント 多くの市民が集まった市牛乳の日イベント 多くの市民が集まった市牛乳の日イベント

 【那須塩原】市地域おこし協力隊員遠藤圭一(えんどうけいいち)さん(35)が地元産の素材にこだわったチーズフォンデュを開発し、1日、JR那須塩原駅西口駅前広場で開かれた「市牛乳の日イベント」でお披露目された。会場での評判は上々で、遠藤さんは「今後も市内のイベントで出店し、生乳とチーズのPRに貢献したい」と期待を込めた。

 市は生乳生産量が本州一。「ぎゅう(9)にゅう(2)」の語呂合わせから9月2日を「市牛乳の日」として、この時季にイベントを開催している。イベントは牛乳のPRが中心だったが、牛乳が苦手な人にも楽しんでもらい、那須地域で消費が盛んなチーズを広めようと、今回は新たにチーズフォンデュを販売した。