来春卒業予定の県内高校生の求人倍率は7月末時点で、前年同期を0・16ポイント上回る1・99倍と、統計比較可能な1998年以降で最も高かったことが30日、栃木労働局のまとめで分かった。