リニューアルされた図書館本館の赤ちゃんの駅

リニューアルに合わせて備え付けられた椅子とベッド

リニューアルされた図書館本館の赤ちゃんの駅 リニューアルに合わせて備え付けられた椅子とベッド

 【鹿沼】市立図書館本館のエントランスホールに設置されている「赤ちゃんの駅」がこのほどリニューアルされ、安全で安心な個室に生まれ変わった。

 「赤ちゃんの駅」は、乳幼児連れの人が外出先で授乳やおむつ替えなどに利用できる。同館にはこれまでパネルなどで簡易的なスペースが作られていたが、安全面で利用者から不安の声が寄せられた。

 リニューアル後は個室化され、ドアも施錠可能になった。広さ5.3平方メートル。授乳時に使用できる椅子や、立ったままおむつ替えできるベッドも備え付けられ、外部の目を気にせず快適に利用できる空間になった。