廃ペットボトルから作られた布に書かれた宣言文を手にする福田知事と県内25市町の首長ら=27日午後、県公館

 県と県内25市町は27日、県公館で開かれた政策懇談会でプラスチックごみの削減を目指す「栃木からの森里川湖(もりさとかわうみ)プラごみゼロ宣言」を共同で行った。県と県内全市町による共同宣言は全国初という。

 プラごみは海に流出することで、海洋生物の生態系に影響を及ぼすことから、世界的にプラスチック製レジ袋の配布を抑制するなどの取り組みが行われている。