今三ガールズの選手たちと大嶋市長

 【日光】今市第三小の女子ホッケークラブ「今三ガールズ」は23日、大嶋一生(おおしまかずお)市長を表敬訪問し、7月に市ホッケー場で開催された「第41回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会」での初優勝を報告した。

 今三ガールズは決勝で福井県のチームと対戦。前半3分に先制し、その後も追加点を取り、4-1で勝利した。昨年の大会は準優勝で、今回が悲願の初優勝となった。

 この日は主将の6年手塚怜香(てつかれんか)さん(12)や和氣裕香(わきゆか)監督(38)ら10人が訪問。手塚さんは「たくさんの応援を受け、仲間と力を合わせて日本一になれてうれしい」と話した。大嶋市長は「観戦していたが、リバースで入れた3点目のシュートは見事でした。中学でも全国制覇目指して頑張ってほしい」と激励した。