福田富一(ふくだとみかず)知事は26日の定例記者会見で、日光市内でクマの目撃が相次いでいることを受け、市町や関係機関にパトロールやチラシ配布の強化などを要請したことを明らかにした。

 クマの目撃件数は25日現在、県内で計81件に上る。7月末時点で前年同期より約8割増えているという。

 県はこれまで、クマが活動を始める4月ごろから、県ホームページでの注意喚起や希望する小中学校でクマの生態を教えるレクチャーなどを実施してきた。