【バーゼル(スイス)共同】バドミントンの世界選手権で男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)はアンデルス・アントンセン(デンマーク)を2―0で退けて2連覇を果たした。