25日午前4時15分ごろ、茨城県かすみがうら市戸崎の国道354号で、同県行方市の大工の少年(19)が運転する乗用車が中央線をはみ出し、対向車線の軽乗用車と衝突した。軽乗用車を運転していた同県鉾田市徳宿の広瀬忠昭さん(74)と妻多恵子さん(75)が死亡、乗用車に乗っていた、大工の少年を含む19歳の男女4人は軽傷だった。

 かすみがうら市消防本部は、広瀬さんを救助した際、大破した助手席部分にいた多恵子さんを発見できず、搬送が約5時間40分遅れていたと明らかにした。夫婦とも搬送時に意識はなかったという。