24日、「ロケット砲」の試射を指導する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)(朝鮮中央通信=共同)

 24日、北朝鮮が試射した「ロケット砲」(朝鮮中央通信=共同)

 北朝鮮の朝鮮労働党委員長(ロイター=共同)

 24日、「ロケット砲」の試射を指導する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)(朝鮮中央通信=共同)  24日、北朝鮮が試射した「ロケット砲」(朝鮮中央通信=共同)  北朝鮮の朝鮮労働党委員長(ロイター=共同)

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、金正恩朝鮮労働党委員長立ち会いの下、新たに開発した「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」の初の発射実験が24日行われ、成功したと伝えた。24日朝に同国東部から日本海に向けて発射した飛翔体2発を指すとみられる。日韓は短距離弾道ミサイルだと推定していた。さらに分析を進める。

 金氏は「敵対勢力の軍事的脅威と圧力攻勢を断固粉砕する戦略・戦術兵器開発を力強く推し進めなければならない」と強調。今後も兵器実験を繰り返す恐れがある。