2月、国際宇宙ステーションで活動するアン・マクレーン飛行士(NASA提供・共同)

 高度400kmの軌道を周回する国際宇宙ステーション=2018年10月(NASA提供・共同)

 2月、国際宇宙ステーションで活動するアン・マクレーン飛行士(NASA提供・共同)  高度400kmの軌道を周回する国際宇宙ステーション=2018年10月(NASA提供・共同)

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズは24日、米航空宇宙局(NASA)の女性宇宙飛行士が国際宇宙ステーションから、離婚訴訟中の同性パートナーの銀行口座に不正にアクセスしたとして訴えられていると報じた。宇宙空間で起きた初めての犯罪容疑の可能性があるとして注目している。

 パートナーの通報を受けてNASA監察官室が調べているが、飛行士は不正なアクセスではないと容疑を否定している。

 国際宇宙ステーションでは犯罪が起きた場合どう扱うか取り決めがあるが、NASAや米専門家は宇宙空間で犯罪が起きた前例は知らないという。