記者会見する朝比奈沙羅=24日、東京都内

 日本で9年ぶりに開催される柔道の世界選手権は25日、日本武道館で開幕する。来年の東京五輪に向け活躍が期待される日本の有力選手が24日、東京都内で記者会見し、女子78キロ超級で2連覇を狙う朝比奈沙羅(パーク24)は「五輪と同じ会場での大会はいい経験になる。幸運だ」と語った。

 朝比奈は海外記者の質問に流ちょうな英語で応対。「日本武道館は実家に近く、試合が楽しみ」と自己紹介を交えて話した。日本が3連覇を目指す混合団体のメンバーで男子73キロ級の橋本壮市(パーク24)は「ベストを尽くし、日本の勝利に貢献したい」と力を込めた。