第72回秋季県高校野球大会のシード校を決める第12回交流戦は18日、佐野日大グラウンドほかで第1ブロック以外の決勝までを行い、今夏の県大会で準優勝だった文星付や同4強の青藍泰斗などがシード権を獲得した。

 文星付は決勝で足工に12-0で六回コールド勝ち。青藍泰斗は矢板中央を4-0で下した。そのほか佐野日大、宇都宮、宇工、鹿沼、白鴎足利が各ブロックの決勝を制した。

 第1ブロックの作新-佐野松桜、小山南-足大付の2回戦と決勝は作新グラウンドで行われるが、試合日程は決まっていない。