宇都宮市で10月18~20日に開催される国際自転車ロードレース「ジャパンカップ」に出場する海外8チームが23日発表され、世界トップカテゴリーの国際自転車競技連合(UCI)ワールドチームからは新城幸也(あらしろゆきや)が所属するバーレーン・メリダ(バーレーン)など5チームの参戦が決まった。

 昨年と同じ全21チームが出場予定。ワールドチームは現在ランキング8位のバーレーン・メリダのほか、13位で別府史之(べっぷふみゆき)を擁するトレック・セガフレード(米)が6年連続で出場。ほかに4位のチーム・ユンボ・ビスマ(オランダ)、9位のミッチェルトン・スコット(豪)、11位のEFエデュケーション・ファースト(米)が出場する。