【ジャクソンホール共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、米中貿易摩擦の長期化による世界経済の減速を念頭に「景気拡大を維持するために適切に行動する」と述べ、追加利下げを検討する考えを示した。西部ワイオミング州ジャクソンホールで開かれている経済シンポジウムで講演した。

 市場はFRBが9月中旬に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利下げを決定すると見込んでいる。

 FRBは7月末に開いたFOMCで約10年7カ月ぶりに利下げを決めた。だが翌8月1日には、トランプ米大統領が対中制裁関税「第4弾」を発動すると表明。