女子走り幅跳び決勝 最後の跳躍で5メートル88をマークして逆転優勝を飾った福田蒼依(矢板)=ヤンマースタジアム長居

 全国中学スポーツは22日、大阪市のヤンマースタジアム長居ほかで陸上、バドミントン、剣道などを行い、陸上女子走り幅跳びで福田蒼依(ふくだあおい)(矢板)が初優勝した。

 福田は予選を5メートル82で1位通過。決勝は最終6回目に5メートル88を跳んで逆転優勝した。男子3000メートル決勝では山口彰太(やまぐちしょうた)(足利二)が8分37秒03で4位入賞した。

 バドミントンのシングルスでは男子の大垣空也(おおがきそら)(横川)が準優勝。女子の遠藤美羽(えんどうみはね)(小山二)は準決勝で敗れて3位となった。

 剣道は男子の藤田将人(ふじたまさと)(壬生)、女子の石島蒼依(いしじまあおい)(小山三)がともに個人戦で8強入り。男子団体の小山三も予選リーグ1位で決勝トーナメントに進出した。