第101回全国高校野球選手権大会は22日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝が行われ、履正社(大阪)が星稜(石川)を5―3で下して、初優勝した。大阪府勢の優勝は昨年の大阪桐蔭に続き、2年連続。