昨年10月に兵庫県加古川市の自動車専用道路「加古川バイパス」で母子3人が死亡した多重事故で、トラックで母子の軽乗用車に追突したとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪に問われた韓国籍の無職金哲寿被告(60)に神戸地裁(神原浩裁判官)は22日、禁錮3年(求刑禁錮4年)の判決を言い渡した。

 判決によると、昨年10月25日午前、バイパス上り線で、渋滞で停止しようとしていた同県姫路市の衣笠佳奈さん=当時(32)=の車に追突し、衣笠さんと長女=同(2)、長男=同(3カ月)=を死亡させた。衣笠さんの車は前後のトラックに挟まれ大破した。