ラグビーW杯の公式商品を扱う「メガストア」=21日午後、東京都新宿区

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の公式商品を扱う「メガストア」が東京・新宿駅近くにオープンするのに先立ち、21日、店内が報道陣に公開された。開幕まで1カ月を切った日本大会に向け、機運をさらに盛り上げる。22日から11月20日まで、毎日営業する。

 店舗の広さは約千平方メートルで、W杯公式ストアとしては国内最大。出場チームのユニホームや、タオルマフラーなど応援グッズを幅広く取り扱っており、店舗の運営会社によると約850種類の品ぞろえだ。

 22日のオープンを控え、国際統括団体ワールドラグビー(WR)や大会組織委員会の幹部が集まり、テープカットを行った。