7月の参院選で、特定の候補に投票するよう知人に干渉したとして、大阪府警は20日、公選法違反(投票干渉)の疑いで、大阪府守口市の70代の無職女性2人を書類送検した。

 書類送検容疑はそれぞれ7月中旬、守口市の80代女性に特定の候補者名と政党名を書かせたメモを持たせ、守口市役所の期日前投票所に連れて行き、投票行動を監視して干渉した疑い。

 府警によると、書類送検された女性の1人は、80代女性が記載台でメモを手にしていないのを見つけ、投票所に入って話しかけたという。