アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは18日、東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナでユクリット(フィンランド)との国際親善試合の第2戦を行い、1-2で2連敗を喫した。

 バックスは守備を固めた相手のゴールを割ることができず第1、2ピリオドは無得点。しかし、第3ピリオド10分にFW牛来拓都(ごらいたくと)のアシストをFW大椋舞人(おおむくまいと)が決めて先制。しかし、その1分後に失点すると17分37秒には勝ち越し点を許し、勝利を逃した。

 バックスは31日、北海道釧路市の日本製紙アイスアリーナでひがし北海道と今季開幕戦を戦う。