右肩痛を克服してベンチ入りを果たした作新学院の宇賀神投手。甲子園で登板機会は訪れなかったが、ブルペンの土を手に野球人生の再出発を誓った=18日午後、甲子園

登板の機会はなかったものの、伝令としてマウンドを踏んだ宇賀神投手=18日午後、甲子園

真っ直ぐ前を向いて試合終了のあいさつに向かう宇賀神投手=18日午後、甲子園

右肩痛を克服してベンチ入りを果たした作新学院の宇賀神投手。甲子園で登板機会は訪れなかったが、ブルペンの土を手に野球人生の再出発を誓った=18日午後、甲子園 登板の機会はなかったものの、伝令としてマウンドを踏んだ宇賀神投手=18日午後、甲子園 真っ直ぐ前を向いて試合終了のあいさつに向かう宇賀神投手=18日午後、甲子園

 かけがえのない経験を胸に残した。18日の第101回全国高校野球選手権大会準々決勝で敗れた作新学院。右肩痛から復活し、甲子園から背番号10を背負った3年の宇賀神暁(うがじんさとる)投手(17)は登板機会こそなかったものの「野球人として心の成長を感じられた」とすがすがしい表情で振り返った。

 180センチ、78キロの堂々たる体格で入学当初から「エース候補」と期待された。1年時は練習補助員として甲子園練習のマウンドに立ち「今までの球場とは違う。本当に投げやすい」と聖地のマウンドへの思いを強めた。