大きな力士を押し出そうと力を込める子ども

 【足利】名草地区で夏合宿を行っている大相撲陸奥(みちのく)部屋の力士たちと交流できる「力士ふれあいフェスタin名草」が18日、名草上町の名草ふるさと交流館で開かれ、家族連れや相撲ファンでにぎわった。

 同地区で毎年行われている夏合宿最終日に、同部屋両毛後援会が主催している。同交流館の土俵では力士同士の勝ち抜き相撲や相撲甚句などが披露され、観客を楽しませた。

 特に子どもたちが体格の大きな力士に挑む取り組み体験では、子どもたちに盛んな声援が送られていた。ちゃんこ鍋の無料配布にも長い行列ができたほか、訪れた人たちは力士と記念写真を撮るなどして交流していた。

 家族で訪れ、取り組みを体験した群馬県太田市、中央小2年中山禮太(なかやまれいた)君(7)は「最初は緊張したけど、思い通りにやったら勝ててうれしかった。また参加したい」と誇らしそうだった。