6回、作新の遊撃手・石井(中央)が二盗を阻止=甲子園

 「主将がつくった試合」。作新の小針崇宏(こばりたかひろ)監督は18-0の大勝劇をそう総括した。「4番・遊撃」の石井巧(いしいたくみ)が再三の好守に3安打2打点の活躍。主将が攻守に躍動すれば、チームは勢いに乗ることを証明した。

 まずは1点リードで迎えた初回の守備で流れを引き寄せた。先頭打者の中堅に抜けようかという鋭い打球を横っ跳びでつかみ、素早い一塁送球でアウトに仕留めた。直後に訪れた2死三塁のピンチでも三遊間を襲ったゴロをスライディングしながら捕球し、正確な一塁送球で失点を防いだ。「打者の雰囲気、スイング、配球を頭に入れて守備位置を変えている」。絶妙なポジショニングと球際の強さを発揮し、立ち上がりに不安のある主戦林勇成(はやしゆうせい)を救った。