3回、作新の立石が左翼線に3点適時二塁打を放つ=甲子園

 スコアボートに表示された数字がさん然と輝いた。3年ぶりの甲子園1勝を挙げた作新が、19安打18得点の猛攻で岡山学芸館に圧勝。1番打者として2安打3打点の活躍を見せた福田真夢(ふくだまなむ)は「一人一人が役割を理解し、打線に切れ目がなかった」と胸を張った。

 序盤から畳み掛けた。初回、先頭打者の福田は「球は速くない。しっかり引き付けて打とう」と、内角直球を振り抜いて左翼線二塁打で出塁。「あの一打で勢いづいた」と小針崇宏(こばりたかひろ)監督が称賛した一打に続き、1死後に中島義明(なかじまよしあき)の中前適時打で先制に成功した。