飛躍が期待される宇都宮市出身のDF小池(左)=8日、茨城県鹿嶋市内

飛躍が期待される宇都宮市出身のDF小池(左)=8日、茨城県鹿嶋市内

飛躍が期待される宇都宮市出身のDF小池(左)=8日、茨城県鹿嶋市内

飛躍が期待される宇都宮市出身のDF小池(左)=8日、茨城県鹿嶋市内 飛躍が期待される宇都宮市出身のDF小池(左)=8日、茨城県鹿嶋市内 飛躍が期待される宇都宮市出身のDF小池(左)=8日、茨城県鹿嶋市内

 J1鹿島に所属する宇都宮市出身のDF小池裕太(こいけゆうた)(22)=170センチ、64キロ=が好調だ。6月14日の第15節・C大阪戦でリーグ戦デビューを果たすと、第18節・磐田戦でプロ初ゴールをマーク。ここ7試合は主力メンバーに定着し、攻撃的な左サイドバックとして存在感を放ち続けている。小池は「目標は日本代表としてワールドカップに出場すること。この伝統あるクラブで成長したい」とさらなる飛躍を誓っている。

 小池は流通経大2年時に鹿島の特別指定選手に登録され、4年時の昨夏にベルギー1部シントトロイデンとプロ契約を結んだ。Jリーグを経ない海外移籍は異例だったが「世界の基準では決して若くないし、チャレンジしたかった」。当時、チームには後に日本代表入りを果たした冨安健洋とみやすたけひろ)(現ボローニャ)ら日本人も所属。同大の中野雄二(なかのゆうじ)監督の後押しも決断の決め手となった。

 ただ、初の海外挑戦は甘くなかった。縦への突破力に自信を持っていたものの既にシーズンが開幕した後だったため、主力に割って入るのは至難の業だった。言葉の壁にも直面し、約8カ月間で公式戦出場はゼロ。出場機会を求めて今春、鹿島への期限付き移籍が決まった。

 こいけ・ゆうた 1996年生まれ。宇都宮市西保育園でサッカーを始め、一条中時代は宇都宮チェルトFC(現FCアネーロ宇都宮)、新潟・開志学園時代は新潟ユースでプレー。流通経大3年時には全日本大学選手権優勝。ユニバーシアードで日本の金メダル獲得にも貢献した。