大型の台風10号は14日、種子島の南東海上を北北西へ進んだ。勢力を維持しながら15日に四国か九州へ上陸し、同日夜には日本海に抜ける見通し。県内は15日昼すぎから16日にかけて大雨となるほか、通過後は高温が見込まれ、宇都宮地方気象台は土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫、熱中症への警戒を呼び掛けた。

◇最新の災害情報・気象警報

 同気象台によると、本県へは16日午前に最接近する見込み。本県に直接的な影響は少ないものの、台風の東側となる関東地方には暖かく湿った空気が流れ込み、山地や山沿いを中心に大雨の恐れがあるという。

 県内は北部、南部とも15日昼すぎから夕方にかけて1時間雨量が最大30ミリと強まり、夜の初め頃から夜遅くには50ミリと非常に激しくなる所がある見込み。15日正午からの24時間雨量は多い所で200~300ミリ。台風の接近に伴い落雷や突風への警戒も求められる。

 一方、台風が持ち込んだ暖かい空気の影響で17、18の両日、県内は高温となる見通し。宇都宮の予想最高気温は17日が38度、18日は37度。38度を超える地域が現れる恐れもあり、同気象台は「熱中症の危険が特に高まる」として健康管理への注意を呼び掛けている。