女子5年100メートル決勝 中盤から一気に加速しトップでゴールする足利陸上教室の石原=横浜市の日産スタジアム

 日清食品カップ第35回全国小学生陸上競技交流大会が10日、横浜市の日産スタジアムで行われた。県勢は、女子5年100メートルの石原南菜(いしはらなな)(足利陸上教室)が13秒17で優勝を飾り、同種目で県勢初の頂点に立った。

 大会は小学生陸上の国内最高峰大会。各都道府県予選を突破した約660人の選手たちが、9種目で王座を争った。

 優勝した石原は出場選手の中で最速の自己タイムを持って大会に臨んだ。予選は13秒32でトップ通過すると、決勝ではさらにタイムを伸ばしライバルを振り切った。

 このほか県勢は新設2競技で表彰台。男女混合となった400メートルリレーで那須塩原Jr陸上が準優勝を果たし、複合の女子コンバインドB(走り幅跳び・ジャベリックボール投げ)で石川華音(いしかわかのん)(大内中央小)が3位に入った。