県内は13日も各地で気温が上がり、午後4時現在、熱中症とみられる症状で計17人が救急搬送され、うち1人が重症となった。

 県内12消防本部によると、重症のほかは中等症7人、軽症9人だった。重症は栃木市で午前7時ごろ、就寝中の男性(95)を家族が起こそうとしたところ発熱があるのを確認し、内科の医院に連絡したが対応困難のため救急要請した。