5回、栃木GBの橋本が右前適時打を放つ=県営球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は11日、県営球場で福島と対戦し、8-0で快勝した。後期通算成績は14勝4分け6敗。順位は東地区首位をキープした。

 栃木GBは投打がかみ合った。初回2死三塁から4番ルーカスが左越えに豪快な2点本塁打を放ち先制。二回は内山翔太(うちやましょうた)の中犠飛、三回は橋本隆(はしもとりゅう)の左前2点適時打で突き放した。

 先発の若松駿太(わかまつしゅんた)は直球と変化球をテンポよく投げ込み、6回を2安打無失点と好投。七回からは継投で得点を与えなかった。

 次戦は12日午後1時から、県営球場で群馬と対戦する。