延長10回、作新の福田が二盗に続いて三盗を決める=甲子園

 これが「9年連続」の力か。劣勢に立たされた場面でも自分たちのスタイルを見失わない強さが作新にはあった。

 2点リードの九回裏2死から試合を振り出しに戻されたが、延長十回表の攻撃前に小針崇宏(こばりたかひろ)監督から出た言葉は「すぐ攻めにいくぞ」。そのげきに真っ先に反応したのが先頭の福田真夢(ふくだまなむ)だった。

 外角の変化球を捉え左前打を放つと「捕手の肩は強いが、けん制はない」とすかさず二盗。続く松尾翼(まつおつばさ)のエンドランは空振りとなるも自信を持ってスタートを切った福田はヘッドスライディングで三盗成功。どよめく甲子園。流れは再び作新に戻ってきた。